村の観光情報


観光エリアの紹介

若杉天然林

村の最北端に位置する別名若杉原生林は83haの面積に、ブナ、カエデ、ミズナラ、トチノキなどの巨木をはじめ199種の樹木が立ち並ぶ中国地方でも有数の天然樹林で、氷の山後山那岐山国定公園に特別保護地区に指定されています。 県下3大河川の一つ吉井川の支流の吉野川の源流であり、谷のせせらぎに、木々が揺れる音や、野鳥や虫の声が調和し、別世界を形成しています。
また昭和61年には、県下で最初に森林浴の森日本百選に選ばれ、遊歩道は絶好のハイキングコースとなっており、訪れる人の憩いの場となっています。
春の新緑、夏のせせらぎ、秋の紅葉と四季折々に見所があり、森林浴や動植物の観察に多くの人が訪れています。

基本情報

コース【5kmコース】所要時間約150分
【3kmコース(自然研究路)】所要時間約90分
【展望台往復コース(約2.6km)】所要時間約90分
設備トイレ/休憩所
※当キャンプ場から車で約15分、日帰り温泉施設「湯~とぴあ 黄金泉」の割引券をもれなくプレゼント
※冬季は降雪のためトイレは封鎖されます。
駐車場
※冬季は降雪のため駐車場は封鎖されます。

お問合せ・アクセス

若杉天然林

〒707-0501
岡山県英田郡西粟倉村大茅
TEL(0868)79-2111 ※窓口受付時間:8:30~17:15
FAX(0868)79-2330
※西粟倉村役場産業観光課にて受付させていただきます。

中国自然歩道
(駒の尾山・ダルガ峰)

標高1,000m超からの大パノラマ。中国地方を一周する中国自然歩道(総延長約1,900km)のうち、西粟倉分は約12kmが含まれています。旧東粟倉村の舟木山から駒の尾山に入り、ダルガ峰、大茅スキー場、若杉天然林、若杉峠を経て鳥取県智頭町芦津へ抜けるルートには多くのハイカーたちが訪れています。

駒の尾山

駒の尾山(標高1,280m)は県下第2の高峰、自然の宝庫西粟倉の中でも豊富な高山植物が見られます。ダルガ峰林道登山口からは勾配も少なく【距離2km、標高差300m】子どもからお年寄りまで無理なく登ることが出来るうえ道中の眺望に優れており多くの駒の尾ファンが四季を通して訪れます。春の新緑、秋の紅葉の季節には素晴らしい景色を楽しむことができ、冬は神秘的。また、近隣の山には珍しく頂上での360°の大パノラマは圧巻で、遠くは鳥取県大山や瀬戸内まで望むことができます。空気の澄み切った日には、小豆島近海を航行する大型船や明石大橋と備讃瀬戸大橋の橋脚を見ることも出来ます。

ダルガ峰

引谷新田の入口を起点として、終点の兵庫県宍粟市との境までを結ぶダルガ峰線。標高1,000m近い高地を走り、総延長12.6kmにおよぶこの林道は、約70年もの歳月をかけて平成11に完成しました。近くは日名倉山や那岐山を、遠くは瀬戸内海方面の眺望を楽しむことができるなど、数々の絶景ポイントを有するドライブコースとなっています。春の新緑、秋の紅葉時期は、まさに格別の味わいです。休憩舎にはトイレもあり、快適な観光道路となっている林道ダルガ峰線。その中にある標高1,100mにある約40haの平坦地。達磨大師が座している姿に似ていることから達磨が峰と呼ぶようになったと言われている。

基本情報

駒の尾山 【起点】駒の尾山登山口
【頂上往復(約4kmコース)】所要時間約2時間
【設備】駐車場/トイレ
ダルガ峰 【起点】村道引谷線引谷新田の入り口
【終点】村道大茅線兵庫県宍粟市との境
【距離】12,607m
【道幅】3.6m~4.0m(3.6m区間:1,349m)
※林道ダルガ峰線は、民有林林道です。大型トラック等の作業を行う車両の通行もありますので充分気を付けてください。

お問合せ・アクセス

駒の尾山

〒707-0501
 岡山県英田郡西粟倉村大茅

ダルガ峰

〒707-0504
 岡山県英田郡西粟倉村長尾

TEL(0868)79-2111 ※窓口受付時間:8:30~17:15
FAX(0868)79-2330
※西粟倉村役場産業観光課にて受付させていただきます。

トレッキングマップ

若杉天然林や中国自然歩道(駒の尾山・ダルガ峰)を通る西粟倉村のおすすめトレッキングマップです。